ぷ~ちゃん日記_57話_健康診断に行く
今回は、ぷーちゃんの健康診断(5月下旬頃)に行った話です。(^^


もともと、お迎えした時にペットショップで一通りの検査を受けてお迎えしたのですが、
元気で健康ならいいんじゃないかという事で、その後は1度も行っていませんでした。(^^

でも、どうしても気掛かりな事が1つだけあったので行ってきました。


気掛かりな事とは、「羽のガジガジ」の件です(^^;

自分なりに色々本やネットで調べ、病気ではないと認識していたのですが、
やはりどうしても「もしも」という可能性を考えると1度、専門の医師に見て頂くのが良いかなと。


そして健康診断の結果は…

健康面では特に問題は無く、いたって健康との事。(^^


問題の羽は、

何しかしらのストレスか、単なるクセではないか?との事で、

「鳥さんの全ての願いを叶えてあげられたら、もしかしたら治るのではないか?」と。

全ての願いを叶える。

…う~ん、難題ですね(^^;


この「羽かじり」、

他の鳥飼いさんの方達も、やはり苦戦されているようで、
この原因を見つけるのはなかなか難しいようですね(^^;

飼い方や環境が同でも
鳥の種類や性別が違ったり、個体差によっても変わるんですよね…。

ウチでは、最初にいたオカメのちょび(女のコ)は羽かじり全くしませんでした。


原因となりそうな事もまだ考えられる事があるので、
現在は、その原因となりそうな事を1つ1つ無くしながら、観察中です。


梅雨の時期は、湿度の高い環境と羽の生え代わりもあり、
ガジガジのなおるチャンスだったらしいのですが…、


現在もあまり変わり映えしません…(^^;

困ったね。



病院の方ですが、

とても綺麗で清潔な印象で、
先生やスタッフの方々も、とても親切丁寧に対応して頂き、とても安心出来ました。
検査も手慣れた感じで、あっという間に終わった印象でした。

病院に行くのに躊躇していた事の1つとして

「病気の可能性が高まる所」に連れて行く事のリスク

この事を病院の方に伺ったら、

「健康な鳥であれば、例え病気の可能性のある鳥がいたとしても感染する可能性は低いですよ」と、

包み隠さずに本当の事を話して下さったので、こちらの病院に行く事に決めました(^^


「ウチは安心ですよ、大丈夫です」とか話されていたら、
本当かな?と思って行かなかったかもしれないですね。(^^;


今すぐ何かお世話になる事は無いかもしれませんが、
今後必ず何かしらお世話になる事が出てくると思います。

今後とも末永いお付き合い、宜しくお願い致します(^^


しかし、
ぷーちゃん、病院ではとても静かで普通の鳥っぽいフリをしていました(^^;

そんな、ぷーちゃん、
今日も元気です。

↓病気かな?と思ったら病院をおススメします。ぽちっと応援、お願いします(^^
pu_banner

人気ブログランキングへ